『強くなるためのスポーツ医学基礎講座』講座内容詳細

No.17-1:2017年5月17日(水)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.png筋トレ!:ウエイトトレーニングの基礎知識

目的を持って筋力トレーニングをする人は多いと思います。しかし、どんなことをすれば良いか?(方法)重さやどのくらいの頻度が良いか?など、何となくは知っているけれど、実はよくわからない・・・という部員にわりやすい内容で「筋トレ」をお伝えします。女性部員も歓迎です!!

No.17-2:2017年5月31日(木)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.png特別講座『熱中症予防』最新の知識

地球温暖化やヒートアイランド現象による影響で、夏場のスポーツ環境は過酷になる一方です。
最近は、熱中症予防の知識は広く知られてきましたが、残念な事に、毎年スポーツ現場での重篤な熱中症事故の報告が後を絶ちません。この講座では、熱中症を事前に防止するには?熱中症になりやすいスポーツは?熱中症になってしまったら。。など、現場ですぐに役に立つ知識をお伝えします。
この講座に限り、体育会所属団体は出席を義務とします。
詳細はこちら→

No.17-03:2017年7月4日(火)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.pngセルフコンディショニング:ケガ予防のためのストレッチ

「練習や試合が続くと身体が重く感じる、筋肉の張りがとれない」「練習後にいつも痛みが出る箇所がある」そのままの状態で続けていると、フォームが崩れたり、大きなケガにつながる可能性もあります。この講座では、自分で行えるコンディションチェックの方法とケアの方法として、ストレッチやエクササイズを紹介します。
夏合宿、リーグ戦を戦い抜く身体づくりの方法を身につけましょう。

No.17-04:2017年7月12日(水)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.pngサプリメントの効用とリスク

サプリメントと聞いて何を思い浮かべますか?プロテイン、アミノ酸、エネルギー飲料、最近ではさまざまなサプリメントがドラッグストアやネットショップで手軽に手に入るようになりました。大学生アスリートにプロテインは必要か?
各サプリメントの効用と弊害についてわかりやすく学びます。

No.17-05:2017年9月22日(金)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.png動作分析:自分の姿勢や歩行、着地動作の特徴を知ろう!

スポーツ動作を観察、分析することで、1)スポーツ傷害の発生の予防、2)傷害発生時のメカニズムの解釈、3)その後の治療やアスレティックリハビリテーションンへの活用、4)個別のウィークポイントの対策へとつながります。その基礎的能力は、「姿勢」や「歩行」を観察し、スポーツ活動で頻度の高い「着地動作」を分析し、その特徴を診付けることが重要になります。まずは、自分の身体と向き合ってみましょう。

No.17-06:2015年10月4日(水)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.png女性アスリート特有の健康問題:予防と対策

女性アスリート特有の健康問題として「無月経」「骨粗鬆症」「利用エネルギー不足」があり、これを「女性アスリートの三主徴」と呼ばれています。
トップアスリートに限らず、大学生アスリートでも月経異常や疲労骨折は多く発生しており、予防と対策が課題となっています。
この講座では、女性アスリートに知っておいて欲しい知識と女性特有の健康問題の予防対策についてお話しします。
また、本講座終了後17:30より「スポーツによる疲労骨折発生に関する調査」報告会を行います。
調査にご協力いただいた女子部員を対象に行いますが、どなたでも参加できます。

No.17-07:2017年10月25日(水)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.pngスポーツ現場で脳震盪がおきたら〜競技復帰まで

大学スポーツでは、脳震盪のリスクをかかえて活動をおこなっている競技が少なくありません。
まず脳震盪と何なのか、脳震盪が疑われた場合の対策、受診すべき病院、競技復帰の判断までをお話しします。

No.17-08:2017年11月8日(水)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.png目で見る毎日の食事量(普段の日、試合当日、試合前)

アスリートは、それぞれのエネルギー消費量に見合った食事を摂らなければいけません。
エネルギー消費量は、性別、競技内容、練習量により異なります。まず自分の1日のエネルギー消費量を知ることが大切です。
そのうえで、何をどれくらい食べたらいいか、エネルギー量や質量では理解しにくい食事の量を、目で見て確かめてもらいます。
さらに、ベストパフォーマンスを発揮するための効果的な食事のタイミングや内容についてお話しします。

No.17-09:2017年11月21日(火)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.png自分で整えるアスリートに必要な食事

公認スポーツ栄養士を講師にお迎えしスポーツ栄養の基礎を学びます。
また、忙しい朝でも簡単に整えられる朝食メニューや、
外食メニューの選び方、コンビニで選ぶおすすめの食品などを提案します。
一人暮らしや寮生活で自炊や外食が必須な学生アスリートに、強くなるために自分で整える食事のヒントをお伝えします。

No.17-010:2017年12月6日(火)16:30〜17:30

iconmonstr-light-bulb-12-240.pngアスリートのケガ:予防のためにできること

様々な競技で起こりやすい、下肢のケガ。その予防法や対策についてをスポーツ整形を専門とする医師がお話しします。