安心してスポーツに取り組み、持てる能力を存分に発揮するために、本格的トレーニングを開始する前や定期的なチェックは非常に重要です

IMG_3456.JPG

最大酸素摂取量(VO2max)測定

ヒトが生きていくためには酸素が必要です。呼吸中に体内へ取り込み、筋肉などでエネルギーを生み出すために消費される酸素の量のことを「酸素摂取量(Vo2)」といいます。運動中は体を動かすのにたくさんのエネルギーが必要ですから、酸素摂取量が増えますが、どのくらいたくさんの酸素を摂取して消費することができるか、という能力には大きな個人差があります。この能力の指標を「最大酸素摂取量」といい、個人の有酸素運動能力の一面を知る優れたモノサシとして広く知られています。特に持久系アスリートの体力を科学的に評価する指標として重要です。

Vo2maxのはかり方

専用のマスクを装着し、運動中の呼気を採取します。呼気ガス分析装置(COSMED社Quark CPET)で呼気流量や呼気中の酸素濃度、二酸化炭素濃度を計測し、Vo2など様々なパラメータを算出します。運動強度が増加するにつれてVo2も直線的に増加し、それが限界に達した点をVo2maxといいます。競技特性にあった適切な負荷装置を用いることが大切なので、トレッドミル、サイクルエルゴメータ、ローイングエルゴメータなど様々な装置を用います。携帯型呼気ガス分析装置(K4b2)を用いることにより、フィールドでの測定も可能です

安全を確認する目的で、酸素摂取量測定を希望する方には、年1回の超音波断層心エコー検査を義務づけています。(Vo2測定と心エコー検査を同時に受けた場合のセット料金を設定しています)
当センターでの各種パフォーマンス測定は、体育会所属団体およびそれに準ずる活動を行っている団体を対象として行っています。測定を希望する団体は、まず窓口にてご相談ください。

DSCN0363.JPGVo2max測定の様子
unspecified.jpgIMG_3079.jpgIMG_0395.JPG
スポ研検査機器 - 10.jpgIMG_3081.jpgスポ研検査機器 - 50.jpg

様々な運動負荷装置によるVO2max測定

最大酸素摂取量測定
820円
心エコー+最大酸素摂取量(セット料金)
1,540円

乳酸測定

乳酸のはかり方

 運動中、強度を増していくと、当初は酸素を十分使用してエネルギー基質を完全燃焼していますが、次第に酸素の供給が追いつかなくなり、糖質を酸素を利用しないで代謝するようになります(無酸素運動)。酸素を利用せずに糖を燃やす(嫌気的解糖)と乳酸ができます。運動負荷をかけ、定時的に乳酸測定を行い、乳酸カーブによるLTポイントの検出、最大乳酸濃度の値を知ることで、トレーニングレベルの決定やトレーニング効果の評価に利用できます。酸素摂取量測定と平行して行うことによりより精密な評価が可能です。
 当センターの乳酸測定は、アークレイ社・ラクテートプロを用いています。耳朶、または指先の毛細血管から微量の血液を採取して乳酸濃度を測定します。採血してから1分ほどで結果が表示されます。携帯性に優れ、フィールドでの測定も可能です。

当センターでの各種パフォーマンス測定は、体育会所属団体およびそれに準ずる活動を行っている団体を対象として行っています。測定を希望する団体は、まず窓口にてご相談ください。

IMG_0481.jpgLA測定の様子
スポ研検査機器 - 14.jpgスポ研検査機器 - 13.jpg
LA.jpgIMG_4808.jpg

乳酸測定
1point 250円

体脂肪率測定(水中体重秤量法)

水槽の中に置かれた体重計で、頭まで水に沈んだときの体重を測定します(水中体重)。
水中では 身体の体積分の水の重さを浮力として受けます(アルキメデスの法則)。水中体重と外での体重の差から体積がわかり、大気中の体重を体積で割って身体の密度を求めます。そしてBrozek(1963)の式に基づき身体密度から体脂肪率を計算します。
この測定方法は体密度法といい、さまざまな体脂肪測定法のスタンダードともいえるものです。
同じ体密度法を用いた測定機「BOD POD」もあります。(写真右下、現在は相撲診療所に設置し、大相撲力士のメディカルサポートに使用しています)

水中体重のはかり方

水中体重は息を吐き出した状態で測定します。肺内に空気が残っていると浮力が増すので、正確な測定を行うために、最大限息を呼出することが重要です。それでも、残気量といってどうやっても吐ききれない部分が残ります。当センターでは、残気量は推定式により算出しています。

測定時には水着を着用しますが、空気の抜けにくく重量が大きくなるダボダボした海水パンツはさけてください。競泳用の水着、もしくはパッド等の入っていないスパッツが望ましいです。

体組成を知る

体脂肪率を測定することにより、体脂肪量と除脂肪体重(筋肉、内蔵、骨の総和量)すなわち、体組成を知ることが出来ます。体組成は運動選手のコンディショニングの指標としてとても大切です。
トレーニングや食事により、運動選手の体組成はダイナミックに変化します。個人差がありますので、他人の値と比較するのではなく、自分自身の変化に注目し、それぞれに必要なトレーニング、食事の目標をたてることに体組成を知る意味があるのです。

%fat.jpg体脂肪率測定の様子
UWW4.jpgUWW3.jpg
%fat2.jpg20131212.jpg

体脂肪率測定
510円

筋力測定

Biodex

等速、等尺性などをはじめとする筋力測定が可能です(主に下肢)可動範囲は(関節可動域)任意に設定することが可能です。

Medx

等尺性筋力測定およびその結果に基づいたトレーニングをおこなうことが可能です。頸部筋力用・腰部背筋力用の2機種あります。

Biodex2.jpg筋力測定(Biodex)の様子
P5240311.jpg筋力測定(Medx)の様子BIodex.jpg筋力測定(Biodex)の様子

筋力測定(1部位につき)
300円