HOME > 公開講座 > 2008sports&health

2008年「スポーツと健康」〜スポーツを続ける秘訣〜

IMG_1058.JPG公開講座「スポーツと健康」では、昨年に引き続き、“健康”との 関わりの中で“スポーツ” ないしは“身体を動かすこと全般”を広くとらえ、日々の生活の中で役に立つ知識や実践方法を学んでいきます。2008年度は、「健康スポーツを続ける秘訣」をサブテーマとしました。一般の方が、健康維持・増進のためにスポーツを行う際には、一時的なものではなく、 長続きさせることが重要です。実際には、一度運動をはじめても、食事面での配慮が足らず期待した成果がでないとか、途中で膝や腰に痛みが生じた、といったことが原因で中断することがよくあります。2008年度「スポーツと健康」では、そんなスポーツ継続の妨げになる事項への対策について学びました。 

第1講 スポーツ栄養・食事面での対策
講師:スポーツ医学研究センター准教授 勝川 史憲

IMG_1018.JPGエネルギー摂取、カルシウム・鉄などの接種、水分補給などについて、最新の情報も織り交ぜた講義となりました。

第2講 整形外科的問題の対策
講師:慶應義塾大学病院整形外科准教授 松本 秀男

IMG_1037.JPG加齢とともに多くなる疾患を中心に治療・予防などの対策についても解り易い講義となりました。

第3講 パネルディスカッション「健康維持・増進のためにスポーツを続けていくためには」
コーディネータ:慶應義塾大学スポーツ医学研究センター教授 大西祥平

IMG_1066.JPG大西教授と講師の先生方によるパネルディスカッションでは、参加者の皆さんからの質問をいただき活発な討論となりました。