公開講座

スポーツ医学研究センターと健康マネジメント研究科は「スポーツと健康」をテーマに公開講座を開催しております。”健康”との関わりの中で”スポーツ”ないしは”身体を動かすこと全般”を広くとらえ、日々の生活の中で役に立つ知識や実践方法を学んでいきます。

2017年「スポーツと健康」楽しく・速く走るためのヒント

公開講座「スポーツと健康」では、健康であるためにどのようにスポーツと関わっていくか、生活の中で役に立つ知識や実践方法を学んでいきます。今回は箱根駅伝出場やニューイヤー駅伝優勝などの経験があり、永らく指導者として活躍されている保科光作氏を講師に招き、速く走るための実践法などをお話していただきます。また近年注目されているウェアラブル端末を使ったランニング障害予防の取り組みや研究について整形外科・橋本健史医師がお話します。
事前申し込みは不要です。
ご参加をお待ちしております。

LinkIconこちらからチラシをダウンロードできます(PDF2.2MB)

2017chirashi.jpg日時:2017年10月28日(土)13:00〜15:30

場所:慶應義塾大学日吉キャンパス 独立館DB202教室

受講料:無料

事前申し込み:不要



◎ランナーにおけるウエアラブルセンサーの可能性〜スポーツ障害とパフォーマンス向上の試み〜

講師:慶應義塾大学スポーツ医学研究センター准教授 橋本健史

近年のランニングブームに伴い、疲労骨折やアキレス腱障害といったランニング障害が増加しています。ランニングを楽しく続けるためには障害予防はとても大切であり、いろいろな取り組みがなされています。われわれはメガネ型ウエアラブルセンサーを産学連携で開発し、ランナーが自らランニングフォームをチェック、修正でき、スポーツ障害の予防やランニングパフォーマンスの向上につながる研究を進めているので紹介します。

◎競技者・コーチの経験から見えたもの

講師:慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師,慶應義塾体育会競走部長距離ヘッドコーチ 保科光作

近年、健康の維持・増進など様々な観点から、多くの人がランニングに取り組んでいます。正しい知識や練習の実践法を学ぶことは、健康の維持・増進のみならず、パフォーマンスの向上という面でもより高い効果が期待できます。これまでの私の競技者生活や、現在のコーチング経験から見えたもの、学んだもの、そしてこれからの課題をふまえ、より結果の出せるランニングの実践法をお伝えいたします。

2016年 慶應義塾大学・読売新聞市民講座 スポーツの見方・楽しみ方

本年8月から9月にかけて、南米ブラジルのリオデジャネイロにおいて、夏季オリンピック・パラリンピック大会が開催されます。
4年後に東京大会を控え多くの方々がこのリオ大会に高い関心を寄せていることと思います。
そこで本講座では、オリンピックの歴史や今回の見どころを分かりやすく解説できればと考えました。
今年も慶應義塾大学・読売新聞市民講座を開催できることをとても嬉しく思うと同時に、日本のスポーツ文化発展のために、スポーツの見方、楽しみ方をお伝えできれば幸いです。

LinkIconこちらからポスターをダウンロードできます(PDF1.1MB)
2016shiminkouza.jpg
日時:2016年6月4日(土)、11日(土)、18日(土)、25日(土)、7月2日(土)14:00〜15:30(受付開始13:00)
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス

2016/06/4(土) 
「水球、リオまでの長き道のりと2020への光明」峰岸 直人(ミュンヘンオリンピック水球日本代表・三田水泳会会長)

2016/06/11(土) 
「日本テニス会の歩み ~熊谷一弥から錦織圭へ~」坂井 利郎(日本テニス協会常務理事・前デ杯日本代表監督)

2016/06/18(土) 
「競技会におけるドーピング検査と最近の話題」石田 浩之(スポーツ医学研究センター准教授)

2016/06/25(土) 
「オリンピックレガシーと市民スポーツ」海老塚 修(健康マネジメント研究科教授)

2016/07/02(土) 
「コーディネーショントレーニング~様々な運動を体験しよう~」 福士 徳文(体育研究所 助教)

講演のまとめをニューズレターに掲載しておりますLinkIconnewsletter24.pdf

2015年 慶應義塾大学・読売新聞市民講座 東京五輪を考える〜ジュニアアスリートの育成〜

2015yomiurikoukaikouza.pngクリックでダウンロードできます
日時:2015年6月13日(土)、20日(土)、27日(土)、7月11日(土)、7月18日(土)14:00〜15:30
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス
上記のスケジュールのうち、以下2回をスポーツ医学研究センターが担当します。

2015/06/27(土) 
「ジュニアアスリートにおけるスポーツ障害とその予防-2020年に向けて-」橋本 健史(スポーツ医学研究センター・准教授)

2015/07/18(土) 
「2020に向け今考えたいジュニアアスリートのメンタルトレーニング」布施 努(スポーツ医学研究センター・研究員)

講演のまとめをニューズレターに掲載しておりますLinkIconnewsletter21.pdf

2014年 慶應義塾・読売新聞市民講座「スポーツの見方・楽しみ方」

今年度は、公開講座「スポーツと健康」はお休みし、慶應義塾・読売新聞市民講座「スポーツの見方・楽しみ方」を共催いたします。


14shiminkouza_posterA.tiffクリックでダウンロードできます
日時:2014年6月7日(土)、14日(土)、21日(土)、28日(土)7月5日(土)
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス

講演のまとめをニューズレターに掲載しておりますLinkIconnewsletter18.pdf

2013年 「スポーツと健康」〜生活習慣とがん予防〜

今年度のテーマは、“生活習慣とがん予防”です。がんの発症と身体活動や食生活といった生活習慣との関連との関連のエビデンスが蓄積されつつあります。スポーツを広くとらえ、少し範囲を広げ、皆様の興味も高いと思われる、がんと生活習慣との関連について取りげることにしました。

日時:2013年9月28日(金)13:30〜15:30 終了しました
場所:慶應義塾大学三田キャンパス



講演のまとめをニューズレターに掲載しておりますLinkIconnewsletter15.pdf

2012年 「スポーツと健康」〜安全にスポーツを楽しむために〜

  • 2012poster.jpg↑クリックでPDF(948KB)が開きます
  • 第1回 2012年5月12日(土)13:00〜15:00 終了しました
  • 第2回 2012年5月19日(土)13:00〜15:00 終了しました

運動・スポーツを安全に楽しみ、また、突然のアクシデントを防ぐために、危機管理が必要で重要な問題として、市民マラソンにおける安全管理、下肢のけが、熱中症、野外活動時の危機管理と楽しみ方について学んでいきます。

LinkIcon詳細・講演のまとめはこちら

2011年 慶應義塾大学・読売新聞市民講座「スポーツを楽しむために」

  • 2011kokaikouza.jpg↑講義概要のチラシ・ポスター(両面)PDF
  • 2011年度の「スポーツと健康」はお休みいただきまして、本年度は慶應義塾大学・読売新聞市民講座「スポーツを楽しむために」を共催いたします。

2010年「スポーツと健康」転ばぬ先の知恵〜転んで寝たきりにならないために


転ばぬ先の知恵.jpg
日時:2011年3月5日(土)午後1時30分開始 終了しました
お待たせいたしました。今年度のテーマは“転倒予防”です。

講演のまとめをニューズレターに掲載しておりますLinkIconnewsletter6.pdf

2009年「スポーツと健康」〜スポーツとこころ〜


postar09.jpg
日時:第1回 2009年9月5日(土)午前9時30分開始
   第2回 2009年9月12日(土)午前9時30分開始
終了致しました。たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

詳細はこちらLinkIcon

2008年「スポーツと健康」〜健康スポーツを続ける秘訣〜

時:2008年11月22日(土)午前9時30分開始
たくさんの方のご聴講ありがとうございました


当日の様子はこちらLinkIcon

2007年「スポーツと健康」〜からだを動かして健康になろう〜


たくさんの方のご聴講ありがとうございました

講演集.gif2007年「スポーツと健康」講演集あります。ご希望の方はお問い合わせください。

当日の様子はこちらLinkIcon