WHO『身体活動に関する世界行動計画2018-2030』の日本語版完成のお知らせ

世界保健機関(World Health Organization: WHO)は、2018年6月に、身体活動に関する世界行動計画(Global Action Plan on Physical Activity 2018-2030: GAPPA)を発表しました。GAPPAでは身体不活動者を2025年までに10%、2030年までに15%減らすことを目的に、4つの行動目標(create active societies, create active environments, create active people, create active systems)と、どの国でも適用・応用可能なエビデンスのある20の政策措置を提案しています。

これらは2030年の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)のうち13の領域と相互連携しており、その達成に貢献し得うることが示されています。そして、健康やスポーツ分野だけでなく、都市計画・交通・アカデミアなどが協力して、社会としてシステム思考で実施していく必要があることを強調しています。

このたび、スポーツ医学研究センターと大学院健康マネジメント研究科が、日本運動疫学会の協力を得て、GAPPAの日本語版を作成しましたので公開いたします。
WHOメインレポート.jpg

身体活動に関する世界行動計画2018-2030メインレポート


 (Global Action Plan on Physical Activity 2018 - 2030 日本語版 PDF2.1MB)

身体活動に関する世界行動計画2018-2030概要版


 (At-A-Glance brochure 日本語版 PDF1.1MB)

身体活動を高めるためのテクニカルパッケージ


 (ACTIVE:A technical package for increasing physical activity 日本語版 PDF1.9MB)

英語版はWHOのホームページ
https://www.who.int/ncds/prevention/physical-activity/gappa
よりダウンロードできます